低金利が魅力の銀行カードローンは申し込みの流れもスムーズです

カードローンを利用するなら、やはり銀行が安心という声はよく聞かれます。 審査は厳しくて時間がかかると言われますが、金利が低く限度額は高いので人気があります。 銀行もそれぞれ工夫を凝らして、個人客の獲得に力を入れてきました。 どこも最近ではインターネットで24時間申し込みの受け付けをしていますし、ほかとは違ったサービスで差別化を図るなどしています。 また、保証会社に消費者金融会社を据えることで、審査を迅速に進め、即日の融資を可能にしたところもあります。 カードローンを申し込むために、その銀行の口座が必要なところと、新規で口座を開設する必要がないところがあります。 これ以上口座を増やしたくないという方は後者を選べば、手間をひとつ省くことができます。 しかし、ローンの管理のために、専用の口座を開設しておくというのも良い手かも知れません。 申し込みをするためには、運転免許証・パスポート・住民票などの本人確認書類のうちのどれか一点が必要です。 インターネットを利用した場合などを中心に、最近は印鑑は必要ないところが多くなってきました。 限度額によっては、収入を証明するための源泉徴収票などが必要な場合もありますが、だいたい100万円までなら不要なところが多いです。 その後、申込書に必要事項の記入をし、審査に入ります。 審査は即日~数日かかる場合もあります。 これに無事パスすれば、カードが郵送されてきて、カードローンが利用できます。

銀行カードローンの審査基準は厳しいの?

一般的なイメージとして、これまでは消費者金融は審査基準が比較的緩く、銀行カードローンは厳しいと見られてきました。 しかし、最近はそのイメージも払しょくされてきています。 消費者金融では多重債務者防止の観点から、貸金業法が改正され総量規制が導入されました。 そのため、既に年収の3分の1を超える借入れはできなくなっています。 一方で、銀行カードローンには総量規制は適用されません。 そのため、消費者金融が使いにくくなった方の受け皿としての機能が求められ、積極的に利用者獲得を目指すようになっているのです。 たとえば、消費者金融では借り入れが難しくなった、無収入の専業主婦であっても借り入れができる場合があります。 その前提として、配偶者の同意を求めたり、配偶者の年収や勤務先を確認することで、審査基準を拡大しています。 一方、銀行カードローンは消費者金融などに比べ利用限度額が大きく設定でき、金利水準も低めという特徴があります。 この審査基準をクリアするには、相応の返済能力があることが求められます。 そのため、申し込み条件として、年収がいくら以上あることなど、あらかじめ明確な収入基準が設けられるケースも少なくありません。 この基準を満たしていない方は借りにくいと思われるでしょうが、収入が高い方にとっては大きな利用限度額と低金利のメリットを得られるチャンスです。 ただし、収入だけでなく勤務先や雇用形態、持ち家の有無や住宅ローン、他の借り入れの有無も審査対象になります。

Copyright(c) 2014 stirlingthermal.com Inc. All Rights Reserved.